Windows XP(+Apache)にPHPをインストール(2)

ApacheをWindows XPにインストールの次の記事。Apacheを入れたWindows XPに、PHPをインストールしました。

PHPをダウンロード

PHP(本家)から、
「PHP 4.4.2 installer」をダウンロード。後でextensionsなどのファイルも使いたくなったので、
結局「PHP 4.4.2 zip package 」の方をダウンロードして使うことに…。

PHPをWindows XPにインストール

PHP 4.4.2 installerを解凍してできるphp-4.4.2-installer.exeを起動。
standardで「C:\PHP」をインストール先に設定。
サーバー、メールアドレスは適当に入力。連携させるサーバーは「Apache」で。

インストールが完了するとhttpd.confファイルの設定を促すメッセージが表示。
(httpd.confファイルは、「C:\Program Files\Apache Group\Apache2\conf」に)

httpd.confファイルの設定

CGI版PHP、モジュール版PHPのどちらでPHPを動すかを、httpd.confで決定。
Apache 2.0と、Apache1.3では設定の仕方が違うらしい。

一番上のページにはApache 2.0、下の二つのページには、Apache1.3の解説があります。
今回はApache 2.0を使っているので、次のように書き加えてみました。

Apache 2.0でCGI版PHPを動かす

ScriptAlias /php/ "C:/PHP/"
AddType application/x-httpd-php .php
Action application/x-httpd-php /php/php.exe

Apache 2.0でモジュール版PHPを動かす

LoadModule php4_module c:/php/sapi/php4apache2.dll
AddType application/x-httpd-php .php

モジュール版で使う場合、さらに「C:/PHP/sapi/php4apache2.dll」を「C:\WINDOWS\SYSTEM32」にコピーしなくてはならない。
php4apche.dllとphp4apache2.dllの違いに気が付かず、なかなかエラーが取れなかった…。

Apacheをrestart、どちらの方法でもちゃんと動く!
(「<?php phpinfo() ;?>」とだけ書いたinfo.phpで確認OK)

後はGD/マルチバイト環境の設定を参考に、設定をいじる。

(文字化け対策に、AddDefaultCharsetとLanguagePriorityを書き換えなければらないと
」に書いてあったので早速書き換えようと思いましたが、Googledで検索したところ、
こんな記事が「AddDefaultCharset none の謎」、
LanguagePriority の意味」。
危うくセットで、間違ってしまう所でした。
core – Apache HTTP サーバ
公式のドキュメントには、ちゃんと目を通して置かないと…。)

次はWindows XP(+Apache)にMySQLをインストール

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *