JSONとPHPのメモ

JSONとは

JSON(JavaScript Object Notation)は、テキスト形式のデータ交換フォーマット。
表記が、ほとんどJavaScriptと同じで、JavaScriptからだと簡単にデータが扱えるようになっている。

他の言語(PHPなど)で、JSON形式のデータを使う場合、
適当なライブラリを使って、データを変数に変換して置くと便利。
Jsphonや、PEARのJSONなどは使いやすい。

omar kilani – projects – php-jsonは、
PHP用のエクステンションで、make インストールが必要。

PearのServices_JSONのインストール・使用

Services_JSON
の右下のリンクから、PEAR package file (.tgz)をダウンロードし、解凍。
適当なサーバー・デイレクトリーにJSON.phpをアップロードしてから、次のようにして使う。


require_once('Services/JSON.php');
$json = new Services_JSON();
$obj = array(
    'id'   => array('foo', 'bar', array('aa' => 'bb')),
    'foobar' => $string,
    'a'   => 123 ,
    'b'   => true
);
$js = $json->encode($obj);
echo $js;
print "<hr />";
$obj = $json->decode($js);
print_r($obj);

$json->encode($obj)で、配列->JSON。
$json->decodeで、JSON->配列と変換される。

Web ad Fortune(占いのデータを取得できるWebAPI)を使ってみようと思い、JSONに関して調べました。以下は、PHPでJSON形式の情報を取り扱うためのライブラリなどのメモ。

Jsphon JSON in PHPのインストール・利用

Jsphonをダウンロードし、解凍。
中身を適当なデイレクトリーにアップロードして、次のようにして使う(PHP4の場合)。


require_once('Jsphon.php');
$value = array('foo', 'bar', array('hoge' => array(1,2)));
$json = Jsphon::encode($value);
echo $json;
print "<hr />";
$var = Jsphon::decode($json);
print_r($var);

Jsphon::encodeで、配列->JSON。
Jsphon::decodeで、JSON->配列としている。

リファレンスによると、PEAR_ErrorStackとPEAR_Exceptionは、無くてもインストール&動作可能。

XMLをJSON形式に変換

XML->JSONの変換をしたい場合。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *