MODxというCMSがすごいよ!

今まで僕が試したことのあるCMS・Blogツールは、インストールしてちょっとだけ触ってみたものを含めると、なんだかんだで3、40ぐらいある。各ツールは、もちろんそれぞれ特徴があるのだけれども、似ているといえば似ていて、同じような系統のものが多かった。

ところが、MODxというツールは、僕が使ったことのある他のツールには、あまり似ていなくて、新鮮だった。

ボトムアップなCMS

Modxがボトムアップ志向だというのは、MODxでつくる!最強のCMSサイトに書いてあった言葉ですが、実際にModxを使ってみるとしっくりきました。

他のCMSがどちらかというと、枠組みを作ってから、そこにコンテンツを流し込むという印象が強いとするならば、
Modxは、従来のHTML作成->FTPアップロードというやり方を、CMSとしてサポートするとどうなるかという感じで作られているような気がする。

もちろん、実際にファイルを一つ一つアップロードしていく必要はなく、テンプレートや、部品化したパーツが使えます。
HTMLやPHPの呼び出しも分かりやすいし、カスタムフィールド(各エントリーごとにフィールドを設定)も簡単です。

ブラウザで動く、高機能なファイルマネージャという見方も、それほどは間違っていないかもしれない。

“サイト”を作れるCMS

いわゆる“普通の構成のサイト”を作るのに、Modxはとても向いていると思う。

カスタマイズすれば、どうにでもなるといっても、
Movable Typeや、WordPress、それにNucleusとかは、ブログツールとして使うことを考えられているし、
XOOPS、Drupalは、高機能・コミュニティ系のいろいろが付いてくる。

そういう意味では、“平たい”サイトを作るには、じゃまにならないModxが使いやすい。

全体的な雰囲気は、Nucleusから一段とブログらしさを抜いて、各ページの独立性を強くしたというかんじです。

ブログには向いていない

ただ、弱点もあるよう気がする。

まず、ブログとして使うには向いていない。
WordPressと統合したりもできるけど、
ブログとしてなら、WordPressをそのまま使ったほうが安心。

あと、せっかくのCMSなのに、多数のページの処理とかはちょっと難しい面がある。
せいぜい小規模~中規模のサイトでないと、メンテナンスには限界があるかもしれない。
頭から押さえつけるという力が、他のツールに比べて弱く、ページの個性を強くできるので、
最初の構成により一層気を使わないと、ページがばらばらになってしまうと思われます。

実際のModx稼動例

上の本で、紹介されていた、実際のModx使用サイトの例。

Modxはおすすめ

他のCMSで実現が難しいことができる代わりに、他のCMSができることが難しい。
作りたいサイトのタイプとマッチすれば、かなり使える。

各ドキュメント(個別のアイテム)の管理機能とか、スニペットの充実、
日本語周りの問題は、もう少しなんとかなるとうれしい。

HTMLや、PHP、ちょっとした変数(文字列、月日とか)のパーツ化がしやすいので、
PHPとかが使える人にはかなり面白いと思う。

Modxリンク

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *