Magpie RSSを使ってRSS・AtomをPHPで取得&表示

先日作った日本語版Google News(ニュース)のRSS・Atom 表示では、RSS・Atom(XML)の取得や解析・表示にMagpie RSS – PHP RSS Parserというパーサーを使っています。以下は、PHPでRSSを使う場合のメモです。

Atom・RSS(XML)を解析(パース)する

RSSやAtomはXML文書の一種です。XML文書は解析(パース)して、欲しいデータを取り出して使います。

本当にちょっとした解析(パース)なら、正規表現を使ったりしてもいいのかもしれませんが、普通は面倒でそんなことはやっていられません!PHPのXMLパーサ関数を使ったり、各所で公開されているRSS用のライブラリーを使った方が楽ちんです。

RSS(XML)パーサ用のPHPライブラリを使う

PHPのRSSパース用のライブラリーには、
Magpie RSS – PHP RSS Parserや、
PEAR :: Package :: XML_RSS(要XML_Parser)があります。

MagpieRSSには、Cache(キャッシュ)機能も付いているし、データの取得もURLを指定するだけでOKなのでオススメです。
以下、MagpieRSSの使い方です。(PEARのXML_RSSの使い方はそのうちに…)

PHP Magpie RSSの使い方

まず、SourceForge.net: Filesで、
magpierssをダウンロードし、解凍。
解凍したフィルダの中にある4つのファイル
「rss_cache.inc」、
「rss_fetch.inc」、
「rss_parse.inc」、
「rss_utils.inc」、
とSnoopy.class.incが入っている「extlibフォルダ」を適当なフォルダ(以下、名前をrssとします)にコピーします。
次に、このrssフォルダをまるごと適当なディレクトリーにアップロードします。

後は、rssディレクトリーがあるのと同じディレクトリーに、
Cache(キャッシュ)用のディレクトリと、Magpie RSSを使うためのPHPファイルを次のように用意すれば使えるはずです。

1.Cache(キャッシュ)用のディレクトリを作成

名称cache(define~で自分で設定することもできます)でディレクトリーを作成。
パーミッションを「777」等にして、書き込みの権限を与えておきます。

2.PHP スクリプト例

ブラウザからアクセスして、RSS情報の表示をするためのPHPファイルを次のように用意します。
(以下、名前をmag.phpとします)

PHP RSS表示用のスクリプト(ソース)


<?php
$q_encode=urlencode("グーグル");//検索キーワード
$output="rss";//rss or atom
$num=10;//表示件数
define('MAGPIE_CACHE_AGE','7200');//cacheを残す時間
define('MAGPIE_CACHE_DIR', './cache');//Cache(キャッシュ)用のディレクトリ
define('MAGPIE_OUTPUT_ENCODING', 'UTF-8');//アウトプットの文字コード
require_once './rss/rss_fetch.inc';//アップロードしたrss_fetch.incがあるところ
$rss = fetch_rss("http://news.google.com/news?hl=ja&ned=us&q=$q_encode&ie=UTF-8&output=$output&num=$num");
//print_r($rss);//取得結果
foreach($rss->items as $key => $value){
print "<p>".$value['title']."</p>n";
print "<div>".$value['description']."</div>n";
/*
配列のキーは、title、description以外にも
link,guid,pubdate,summary,date_timestamp
などが指定できます
*/
}
?>

全体の構成は

rss
- rss_cache.inc
- rss_fetch.inc
- rss_parse.inc
- rss_utils.inc
extlib
-Snoopy.class.inc
mag.php
cache

ブラウザでmag.phpを表示すれば、$q_encodeで指定したキーワード関連のニュースが表示できると思います。

PHPのXMLパーサ関数を使う

ライブラリーを使わないで、用意されているXMLパーサ関数を使っても同じことができます。
RSS・Atom専用では無いので、アマゾンのWebサービスを始めとする一般的なXMLデータの解析にも使えます。

PHPのXMLパーサ関数としては、
xml_parser_create
xml_ parser_ set_ option
xml_parse_into_struct
xml_parser_free
あたりを使えばいいかもしれない。


$parser = xml_parser_create();
xml_parser_set_option($parser,XML_OPTION_SKIP_WHITE,1);
xml_parse_into_struct($parser,$xmldata,$values_array,$index_array);
xml_parser_free($parser);
print_r($values_array);
print_r($index_array);

$xmldataに解析(パース)したいXMLデータを入れて、上のスクリプトを実行すれば、
$values_array,$index_arrayにXMLの構造が配列として代入されます。

XMLデータは、file
fopenとか,
Net_Socketで取得することになると思います。

PHP5からは、SimpleXML関数が追加されたので、
こちらを使うともっと簡単にできます。(参考:Do You PHP? – PHP5を試してみる – SimpleXML関数でRSSしてみる)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です